WordPressの引っ越しでやったことその2・はじめての301リダイレクト「Redirection」

お役に立ったらポチッとお願いします

すっかり間が空いてしまいました。こんにちは、おおつかです。

windows10の予約をしたら、例のタスクバーのアレは消えるのかと思ったら消えないんですね!あれ?と思って再度クリックしてみたら、予約してあるよ!って言われました。どうせめざわr気になるんだから、せっかくだから配布日までカウントダウンとかしてくれたら嬉しいのに。 というわけで、ブログ引っ越し第2弾「はじめての301リダイレクト」編でございます。

スポンサーリンク

引っ越したらリダイレクトしろって書いてあった!

初めてのブログ引っ越しなので、万全を期してググりまくっていたときにあちこちで書いてあった「url変わるならリダイレクトしろ!」。あんまりこの辺はよく分かってないんですが、過去のurlの資産を活かせるとか。(←間違ってたらごめんw)

難しいことはさておき、何かのきっかけで元ドメインのほうにアクセスがあったときに転送されるのは親切だしスマートですよね! それに、わからないことにチャレンジするのも大事!とさっそくやってみました。もちろん例によって大事件も起こるわけですが…。

まずはプラグイン「Redirection 」を入れよう

redirection リダイレクトは.htaccessでもできますが、せっかくなのでプラグインでやってみることにしました。使うのはいちばん解説記事が多かった「Redirection」しにます。

Redirectionをインストール後有効化したら、ツール→Redirectionから設定ページヘ。
解説ブログだとどこも日本語対応してたみたいなんだけど、なぜか英語でした。ふしぎ!同じ名前の別のプラグインを入れちゃったのかと焦ったけどそうでもない。

いざ設定!そして事件!!

英語表記に動揺しつつもさっくりと進めます。 Redirection1 1.Source URLに元のサイトのドメイン
2.Target URLに転送先のドメイン
をそれぞれ入力。

MatchとActionはデフォルトのままでAdd Redirectionボタンをポチ。チェックのためブログの記事にアクセスしてみます。おお!ちゃんと転送されたー!…と喜んだのもつかの間。

管 理 画 面 に 入 れ な い ! (管理画面も転送されるw)
ドメインごと転送かけちゃってるので考えたら当たり前ですね!しばらく呆然としてしまいましたが、ftpでRedirectionごと削除してみたところとりあえずログインは出来るように。

やっぱり正規表現か…

じつは使い方を調べてる間にちょいちょいでてきていた「正規表現」。どう頑張っても理解できそうにないので見ないふりをしていましたw でもやっぱり使わないわけにはいかないっぽいのでなんとか頑張ってみました!(ここからは見よう見まねと勘でゴリ押しすることに)

1.まず管理画面(wp-admin)以下はリダイレクトしない

redirection2 Actionのなかに「Do anything(なにもしない)」という選択肢があったので、もしや!と選択してみたところ、Source URL欄のみになったので/wp-admin/と記入して保存。

2.管理画面以外は転送する

redirection3 そして新たな転送ルールを
Source URL:/(.*)$
Target URL:http://nitijou.pw/$1
Regular expression(正規表現)にチェック→保存。

これで無事、http://nitijou.wp.xdomain.jp/○○○はhttp://nitijou.pw/○○○に、管理画面は転送されずにログインできるようになりました(たぶん!)

自信はないけどこれで解決?

いや~ログインできなくなったときは焦ったね!
ただ、どの解説ブログでも「Do anything」には触れてなかったのでなにか間違えてるかもしれない。でもとりあえず思った通りの挙動をしてくれてるので、このままそっとしておきます。

正規表現の参考にさせてもらったのはこちら。

Redirection プラグイン 正規表現のサンプル 301リダイレクト集 | HCZ BLOG : ゼファー1100

スポンサーリンク

お役に立ったらポチッとお願いします

おおつかをフォローしてみる

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です